HOME>トピックス>スタイルの違いもあるから二人で見学をする

自由度は会場選びにかかっている

結婚式場

大分の結婚式場を選ぶにしても、一般的にはホテル挙式・披露宴が執り行われていますから、大半のカップルはホテルウエディングを考えるでしょう。挙式から披露宴まで、同じ場所でできるのがメリットですし、参列者の宿泊の手配が必要なときも便利です。選ぶ必要もあるでしょうが、いずれも、設備やサービスに定評があるのは言うまでもなく、それぞれ特徴があるので、実際に二人の目で確かめましょう。例えば、二人らしさを最大限に生かしたいなら、個性重視のプランに着目しなければならないでしょう。挙式スタイル、衣装や婚礼料理、音楽演奏のすべてが自由に選択できるか否かが決まってしまいます。

尻込みせずに交渉

結婚式場

大分の結婚式場として、ホテルならではの特色があります。例えば、フランスを拠点に展開するだけに、会場のインテリアから印刷物などの細かなアイテムに至るまで、シックなフレンチテイストで統一されていることもあります。格調高い演出に定評があるから尻込みするケースも少なくありませんが、アットホームなレストランウエディングの希望が通るかもしれません。

和婚のルールやマナー

館内に神殿があれば、和婚にも対応できるでしょう。ですが、大分の結婚式場には、打掛にもドレスにも合うモダン感覚の空間が広がっているところを選んだほうがプラン変更になるにしても、衣装をもっと増やすにしても違和感もないでしょう。しかし、和婚の場合、友人の列席が不可となる場合もありますから、事前に確認しましょう。

広告募集中